高反発マットレス

高反発マットレスのメリット、デメリット

高反発マットレスのメリット

 

マットレスには「低反発マットレス」と「高反発マットレス」があります。
それでは、高反発マットレスのメリットとは、どのようなことがあるのでしょうか?
高反発マットレスのメリットについて、調べてみました。

 

まず、高反発マットレスとは、低反発素材よりも反発力の強いマットレスのことをいいます。高反発マットレスは、原材料が天然のゴムの木から作られているものが多いです。
高反発マットレスは復元力が高いので、変形しても元の形に戻りやすく、長い間使っていてもへたりにくくできています。
そのため、横になっても立っている状態と同じようなS字曲線を保つことができるので、腰痛がひどくて寝るのがつらい方でも理想的な睡眠姿勢が保つことができます。

 

復元力が高いので、多少無理な状態でまとめても元に戻りやすく、薄型のマットレスなら丸めてコンパクトに持ち運ぶことができます。
また、材質の関係から、通気性が良いため、蒸し暑い熱帯夜の時期も温度変化の影響を受けにくいので寝心地が良く、カビやダニが発生しにくくなっています。

 

このように、高反発マットレスは耐久性が高く、長期間同じ状態で使えるといえるでしょう。
硬めのマットレスが好きな方には高反発マットレスがおすすめです。

 

高反発マットレスのデメリット

 

高反発マットレスのデメリットとは、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、高反発マットレスのデメリットについて、調べてみます。
まず、価格が高いということです。
高反発マットレスは、耐久性が高く、しっかりとしたつくりになっていますから、他のマットレスと比較すると、価格設定が高めになっています。高反発マットレスの中には、他のマットレスと同じくらいの価格のものもあるかもしれませんが、そのようなものはあまり良い高反発マットレスとはいえないでしょう。

 

また、高反発マットレスは名前の通り、高反発なので硬めのつくりとなっています。
ですので、実際に横になってみると、硬すぎて寝心地が悪いと感じる方もいるでしょう。
硬いので寝返りはしやすいですが、寝返りをしすぎると夜中に目が覚めたり、睡眠の質が落ちたりしてしまいます。

 

高反発マットレスは、素材の性質上、水洗いができないものが多く、洗濯ができないというデメリットもあります。 また、通気性は良いのですが、マットレスの底に湿気がたまりやすくなっています。洗濯できない高反発マットレスは、壁などにたてかけて陰干ししたり、湿気が下に逃げやすいようにすのこタイプのベッドフレームを使うなど、手入れに手間がかかります。

 

高反発マットレスは、基本的に採用される素材は同じで類似した商品が多く、それぞれ硬さや復元力が微妙に異なるため、購入してから失敗しないためにも、店頭で試して、自分に合った高反発マットレスを選ぶようにしましょう。

 

当サイトで一押しの高反発マットレス

 

 

モットン マットレス 公式HP

↓ ↓ ↓

http://motton-japan.com/