モットン マットレス  エアウィーブ

モットンとエアウィーブの価格比較

モットンとエアウィーヴの価格を比較してみました。
モットンのマットレスはシングル39,800円(税込)、セミダブル49,800円(税込)、ダブル59,800円(税込)となっています。

 

エアウィーヴのマットレスには2つのタイプがあります。
今使っている寝具に重ねて敷いて使えるマットレスパッドと、単体で使うベッドマットレスです。

 

マットレスパッドは、エアウィーヴ、エアウィーヴS-LINE、エウウィーヴスマート035、エアウィーブスマート025の4種類あります。

 

エアウィーブはシングル66,000円(税込)、セミダブル79,200円(税込)、ダブル92,400円(税込)、クイーン106,700円(税込)、キング118,800円(税込)となっています。
エアウィーブS-LINEはシングル101,200円(税込)、セミダブル121,000円(税込)、ダブル141,900円(税込)、クイーン161,700円(税込)、キング182,600円(税込)となっています。
エウウィーヴスマート035はシングル49,500円(税込)、セミダブル59,400円(税込)、ダブル69,300円(税込)となっています。
エアウィーブスマート025はシングル27,500円(税込)、セミダブル33,000円(税込)、ダブル38,500円(税込)となっています。

 

ベッドマットレスはエアウィーヴベッドマットレスS02、エアウィーヴベッドマットレスS04、エアウィーヴベッドマットレスS03、エアウィーヴベッドマットレスS01の4種類あります。

 

エアウィーヴベッドマットレスS02はシングル132,000円(税込)、セミダブル148,500円(税込)、ダブル165,000円(税込)となっています。
エアウィーヴベッドマットレスS04はシングル220,000円(税込)、セミダブル242,000円(税込)、ダブル264,000円(税込)となっています。
エアウィーヴベッドマットレスS03はシングル176,000円(税込)、セミダブル198,000円(税込)、ダブル220,000円(税込)となっています。
エアウィーヴベッドマットレスS01はシングル99,000円(税込)、セミダブル112,200円(税込)、ダブル125,400円(税込)となっています。

 

このように、モットンのマットレスは1種類のみでサイズ展開があり、エアウィーヴは種類が豊富で価格もさまざまです。 種類が豊富なのが良いという部分と、購入を考えた時、悩む・・・という困った部分もありそうです。。

 

 

モットン マットレス 公式HP

↓ ↓ ↓

http://motton-japan.com/

モットン と エアウィーヴ|マットレスならどちらを選ぶべき!?

モットンとエアウィーヴは、どちらも寝心地にこだわってつくられています。

 

では、モットンとエアウィーヴのマットレスならどちらを選ぶべきでしょうか!?

 

モットンのマットレスは高反発マットレスなので、硬めのマットレスが好きな方におすすめです。
また、厚みが10cmあるのでモットン マットレスのみで使うことができます。
今のマットレスの取替や新しい寝具を探している方におすすめです。

 

エアウィーヴのマットレスは、種類が豊富です。
自分の睡眠の悩みに合わせたマットレスが見つかるかもしれませんね。

 

エアウィーヴのマットレスは、マットレスパッドとベッドマットレスがあり、マットレスパッドは今使っている寝具に重ねて使えるので、今使っている寝具の寝心地を変えたい方にはエアウィーヴのマットレスパッドがおすすめです。
エアウィーヴのマットレスパッドは水洗いができるので、マットレスを洗いたい!という方におすすめです。 エアウィーヴのベッドマットレスは3分割になっていて、パーツで硬さが違うものもあり、より寝心地を追求したものとなっています。

 

モットンもエアウィーヴも、それぞれに良い特長があるので、自分が求めているものがどちらにあるのか?を考えて選ぶといいですね。

モットンとエアウィーヴ|エアウィーヴマットレスの特長は?

それでは、エアウィーヴマットレスの特長は?ということで、エアウィーヴマットレスの特長について調べてみました。

 

エアウィーヴにはマットレスパッドとベッドマットレスがありますが、ここではエアウィーヴマットレスパッドの特長をご紹介します。

 

【エアウィーヴマットレスの特長】
☆体重を押し返す力が強く、寝返りが楽に
復元性が高く、体の動きにスムーズに対応するため、寝返りが楽にできます。自然な寝返りで熟睡をサポートします。

 

☆体に負担がかからない優れた体圧分散
エアウィーヴ独自の技術で作られた素材「airfiber(エアファイバー)」が、あらゆる方向から体を支え、体圧を均等に分散して負担を軽くします。airfiberは、ポリエチレン製の極細繊維をまるで空気を編むように三次元状に絡み合わせて仕上げています。

 

☆通気性が良く、夏は蒸れにくく冬は温かい
airfiberは空気が90%以上のため、通気性が良く蒸れにくくなっています。また、温かさを保つことができます。

 

☆洗えるのでいつも清潔
airfiberは水洗いできるので、いつでも清潔に使えます。カビやダニの心配もないです。もちろんカバーも洗えます。

 

エアウィーヴマットレスパッドは、今使っている敷布団やベッドマットレスの上に重ねて使えるので導入しやすく、重ねるだけで寝心地をグレードアップできます。

 

 

モットン マットレス 公式HP

↓ ↓ ↓

http://motton-japan.com/

枕選びは!?

枕選びは、睡眠の質にも関わってくるので慎重になってしまいます。 枕が合わなくて、何回も交換している。。。という人もいるでしょう。

 

そんな枕の中で注目されているのが、モットンとエアウィーヴです。
モットンとエアウィーヴは、どちらも高反発の枕です。 どちらがいいのか? モットンとエアウィーヴの枕選びについて、調べてみました。

 

モットンとエアウィーヴ、違いといえばエアウィーヴは種類が多いということでしょうか。
モットンの枕はサイズ・価格が一緒で、硬さが「やわらかめ」「かため」の2種類あります。

 

エアウィーヴの枕は、サイズや硬さ、価格も違う4種類から選べます。

◎横向き寝や寝返りの回数が多い方に
◎頭をしっかりと支えたい方に
◎やわらかめの感触がお好きな方に
◎美しくなりたい女性のためにプロデュースされた枕

といったように、それぞれ特長をもった枕の中から、自分に合った枕を選ぶことができます。  モットンとエアウィーヴのもう1つの大きな違いといえば、エアウィーヴの枕は洗えるということです。  モットン枕に採用されているのは高反発ウレタンフォーム「ナノスリー」で洗うことができません。
エアウィーヴの枕に採用されている「エアファイバー」は、食器容器に使われている原料から作り出された新樹脂素材で洗うことができます。

 

このような違いも枕選びの材料となるのではないでしょうか。